LaLigaはクラブのための戦術分析ツールとしてAutomatic TVを選んだ

In News

スペインのMEDIAPRO社が開発した最新技術によって、LaLigaに所属する全クラブ(LaLiga SantanderとLaLiga 1 | 2 | 3)は42のスタジアム全てで戦術的なカメラ視点で撮影を行い、試合の即時分析が可能になった。

LaLigaは、所属する全42チーム(LaLiga SantanderとLaLiga 1 | 2 | 3)のために、技術的なソリューションとしてAutomatic TVを各スタジアムに設置し、試合の戦術的な映像を撮影できるように準備します。MEDIAPROによって開発されたこの新しいツールは、まもなくLaLigaの全スタジアムに設置され、フルHDで戦術的な映像を届けることになります。LaLigaとMEDIAPROによってもたらされたこの最新のイノベーションは、最先端の技術により、さらに戦略を進歩させ、サッカークラブに詳細な試合分析、チームの戦術、そして彼らのライバルチームの戦術などを提供します。

全てのスタジアムに常設されたカメラとMEDIAPROによって開発されたソフトウェアにより、スペインサッカーの上位2リーグで行われた全ての試合では、チームのコーチングスタッフが試合のライブ分析を行えるだけでなく、追加機能によりビデオ編集機能も使えるようになりました。

試合終了のホイッスルが吹かれると、Automatic TVで撮影された映像がMediacoachにアップロードされます。Mediacoachを通じて試合と選手のパフォーマンスが最も洗練された分析で提供され、すべてのクラブの選手のパフォーマンス向上に役立ちます。
MediacoachはLaLigaとMEDIAPROによって開発されたビデオ解析ツールで、現在スペインサッカーの上位2リーグのすべてのクラブで使用されています。

「LaLigaは、オーディオビジュアル技術をとても重要だと考えており、最前線で興味を持ち続けています。私たちは、クラブやスポーツ関連会社に利益をもたらす新しい方法を常に模索しており、この技術は放送における技術革新のように、一層の努力をすることによってチーム自身のためだけでなく、ファンにとっても非常に便利だと考えます。」と、LaLigaの社長、Javier Tebasは述べています。

AutomaticTVで記録された素材は、常に20人全員のフィールド上のプレーをクラブに提供します。分析された映像はテレビ中継でも利用でき、試合分析プログラムの一部として視聴者に各チームの戦術的アプローチのイメージを提供することができます。

foto-14-03-17-om-10-09-1024x684